忍者ブログ

さて、年末に入線していたTOMIXのレム5000です。
年賀状やら帰省やらとイベント(?)が相次ぎ、先送りとなっておりました。

TOMIX:レム5000

全部で10輌の一気買いです。

前の商品を詳しく知らないので比較はできませんが、あちらこちらのレビューを覗かせてもらったところ、前作よりも全長が短くよりスケール通りになっているとのこと。

レム5000・ノーマル状態

車体の標記等も細かくてよくできています。
標準装備のカプラーはニミカーブレールでも通過可能な性能を有しています。

レム5000の裏側

足回り側はこんな感じ。
ブレーキテコ表現を筆頭になかなか細かく作りこんであります。

レム5000の実車に関しての細かいうんちくはよくわからないのですが、これの入線とほぼ同じ時期に偶然こんなものも購入しておりました↓

RMライブラリー:国鉄冷蔵車の歴史(上)(下)

RMライブラリーは毎月2~3冊ずつ購入しているのですが、たまたま今回はレム5000の入線とこれらの巻が重なりました(笑)

さて購入したはいいけれど、ウチの車輌たちの標準カプラーはカトーカプラーNなので、それもしくはそれらと互換性のあるカプラーと交換しない限りは一緒に連結して遊ぶこともままなりません。

そこでカプラーのカバーを外してマウント状況を見てみることに・・・。

新型カプラーのマウント状態

おお!
これはKATOの機関車とよく似た構造!
・・・って、すでに人さまのレビューを見て知ってはいたんですが(笑)

さて、問題はカプラー基部に開いた穴に通るピンの太さですね。
噂に違わぬ頑丈な仕様でKATOのナックルカプラーに開いた穴には通せないほど太いです。

これにKATOのカプラーを組み込むには切った貼ったが必要不可欠なのですが、僕の場合は車輌側への改造はしないで済む様に工夫してみようと思います。

工作記事は次回に・・・

拍手[1回]

PR
【2008/01/04 21:00 】
CATEGORY [ 鉄道模型(車輌) ] COMMENT [ 0 ] TRACKBACK [ 1 ]
pagetop ∴
<<TOMIX:レム5000・カプラー交換 | HOME | カレンダー>>
コメント
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

土曜の夕方、レム5000とTNカプラーを引き取りに行った。土橋川とかいう下水の脇にある取扱店に、2週間ほど前、掲示板で予約した。Nゲージの購入は10数年ぶり。レム5000は、鉄道車両で1番好き。 香港製の品番2714(昭和59年頃)は、雰囲気はあるものの、造りが非常に甘い。ハワムと下廻りを共用している為、オーバースケール。妻板が引っ込んでいない。ドア・ヒサシ上のリブが無い。リベットも無い。でも當時はそれで満足していた。このレムは香港製後期のもので、初期の物よりはマシ。昭和62年版カタログに...
【2008/01/04 22:30】 | トンケの日記 〜タンゴむりすんな!〜
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]