忍者ブログ

実はいまだにTOMIXの真岡鐡道C11のカプラーをどうにかできないかを模索中です(笑)
「できるだけ車体にはメスを入れない」というウチ独自のスタンスで行っているので、まぁ不可能な場合もあるんですが・・・

成功するかどうかが不確かなモノを記事にするわけにはいかないので、そっちの途中経過等は書きませんが、ふと思い出したことがありました。

TOMIX:ED75(1000番台・後期形)&EF65(0番台・2次形)

ずいぶん前に購入したまま、ほとんど弄っていない機関車たちです。
記録によれば、ED75の方は2010年の3月、EF65の方は2010年の5月に購入したものです。
7年も放ったらかしとは・・・(><;
写真では2両だけですが、この他にもたくさん眠ったままの機関車たちが居ます(汗)

ある時、他の方のブログで、このあたりの(今現在もそうでしょうか?)TOMIX機関車のカプラーはKATOのカプラーに換装できないという話を目にしました。
確かに、構造上ちょっとやそっとの改造では不可能そうだったのですが、その後なんとか使えるレベルの策を考え付きましたので記事にしておきます。
当該車両の登場からすでに何年も過ぎてますので、同じ方法やまたはまったく別の良い方法があちこちで確立され、公開されているとは思いますが、まあ自分自身のための備忘録を兼ねた記事ですのであまり気にしないでください。

ちなみに当ブログ記事を参考に改造を行って、万が一不具合が発生しても、当方では一切の責任を負いかねますのでご注意ください(ただし、いつでも元に戻せる改造です)。
あくまでも自己責任・・・ということで、ひとつ。

ED75のカプラー

説明書の手順に従ってED75のカプラーを外したところです。
手前の左側にあるのが元から車両に取り付けられていたカプラーで、右側にあるのが交換用としてセットされているTNカプラーです。
写真では見づらいですが、このTNカプラーは円筒形の部分と一体成型のような形になっています。
左のカプラーも分解は困難な感じがしますね・・・。

ですがこの形、私には見覚えのあるものでした。
かなり前に購入したTOMIXのセット「臨時高速貨物8554列車」に含まれていたDD51のカプラーがこのドラム形(勝手に命名)に似ていたのです。
ただしあちらのカプラーはドラム状の部分が分解できて、中に普通のカプラーポケットに納めるタイプのTNカプラーが入っていたものでした。
当然KATOのカプラー(当時はKATOカプラーN)に換装することが可能でした。

で、まあ似た感じのパーツが販売されていないかと探ってみたら、あるじゃあありませんか。

TOMIX:JC61(密自連形TNカプラー・黒色)

パーツの型番は「JC61」。「密自連形TNカプラー・黒色」です。
形状はちょっと違いますが、今回のED75への転用ができます。

ちなみに・・・

TOMIX:JC52(密自連形TNカプラー・グレー)

全く同じ形状で、成型色がグレーの「JC52(密自連形TNカプラー・グレー)」も存在します。
場合によって使い分けましょう。

それと、

TOMIX:JC58(密自連形TNカプラー・DD51用・黒色)

DD51用のもの。「JC58(密自連形TNカプラー・DD51用・黒色)」も分売されています。
「臨時高速貨物8554列車」のDD51にセットされていたものと全く同じパーツです。
先のふたつとは微妙に形状が異なっていて互換性がありません(実験済)。

現在のDD51は購入していないのでよくわからないのですが、それのカプラーがドラム部分と一体成型タイプのカプラーだった場合は、このパーツを使用することでKATOのナックル等に換装できるようになります。
またこちらも成型色がグレーのタイプもあるようです(「JC59」:持っていないので写真がありません。あしからず)。

KATO:Z05-1376(ナハフ11カモメナックルカプラー)

今回は「JC61」を使用してこちらのナックルカプラーをはめてみましょう。

JC61を分解・その1

JC61のドラム部分は写真のあたりから上下に分割できます。
引っ張れば抜けるようになっていますが、モノによってはかなり固いので、パーツを飛ばさない様に気をつけましょう。

JC61を分解・その2

上下に分割した状態です。
TNカプラーが納まっています。
このTNカプラーを外して・・・

TNカプラーをかもめナックルに置き換え

KATOのカモメナックルをはめ込みます。
左右方向へ斜めに納まったまま組み付けると修正が利かなくなりますので、この時点できちんとまっすぐの方向を向けて納めましょう。

組み付け・その1

ドラム部分を元に戻して完成。

組み付け・その2

スカートにはめ込むとこんな感じです。
・・・ちょっと短すぎかな???

KATO製ナックルカプラーへ換装したTOMIX製ED75

ボディへはめた状態。
ちょっとカプラーのウデが短めですが、なんとか実用向きではないでしょうか?
実はまだきちんとした走行テストを行っていないので(コラ!)ちょっと不安ですが、仮に連結してみた感じでは問題はなさそうです。
ED75以外の機関車(SLとDD51は除外)にも同じパーツが使えそうですが、使えないものもあるかもしれませんので注意が必要です。

ちなみに冒頭のEF65は、元からJC61が交換用カプラーとしてセットされておりましたので、別途購入する必要はありませんでした。




<追記>

その後、カトカプNに換装したTOMIXのコキ車を牽いてテスト走行をしてみました。
ウチにある曲線レールはR282なのですが、これは全く問題無く通過可能でした。
あとは超極端ですが、R150(ユニトラック・コンパクト)でもテストしてみましたが、こちらは全然ハナシにならず、カーブにさしかかった途端、自然解放してしまいました。
まぁ当然ですね(笑)

ちなみにこれらの中間の曲線はなにひとつ所有していないので、通過可能な最小曲線がいかほどなのかまでは実証できていません。

拍手[0回]

PR
【2017/05/10 14:40 】
CATEGORY [ 鉄道模型(工作) ] COMMENT [ 1 ] 
pagetop ∴
前回撮り忘れた写真を撮影したので、補足の意味も込めて掲載しましょう。

台車をはめた状態・その1

スリットを開けたGMオユ10の床板にKATOの台車をはめてみた所。
この写真では普通に見えますが・・・

台車をはめた状態・その2

横から見ると、台車集電版の上部突起部分がちょこっとだけしかのぞいていないのが判るかと思います。
この状態で床上集電版を取り付けても、カーブなどで車体が左右に揺れたりすれば、接触不良による室内灯のチラつきが懸念されますね。

KATOのこの部分はどうなっているのでしょう?
(今更ですが・笑)

KATO:スハネ30(寝台急行「つるぎ」増結セット)

そこですぐそばに置いてあった寝台急行「つるぎ」の増結セットの中から、スハネ30を取り出して見てみることにしました(いや、本当に今更ですが・爆)。

ボディと座席パーツを外した状態・その1

ボディと座席パーツを外した所です。
おや、なんともシンプルな構造。
床上集電版もややこしい形状などしておらず、ただの帯材と同じ形状ですよ?

ボディと座席パーツを外した状態・その2

ボディと座席パーツを外した状態・その3

スリットは細長い長方形がふたつずつ。
そこに床上集電版の端が差し込まれた状態になっています。
何もテンションがかかっていない状況だと、写真のように車体中央部よりの部分が大きく上に膨らんだ弓なりの形になっています。
この上に座席パーツをかぶせることで、下向きのテンションがかけられて、台車集電版との接触が密なものになる構造の様です。

床下から見た図・その1

車体下側からスリット部分を見た状態。
無理のない作りですね。

床下から見た図・その2

床上から差し込まれた集電版の端はこのように持ち上げることができます。

この方法はぜひとも真似てみたいですね。
でもすでに独自の形状にスリットを開けてしまったのですが・・・

集電板用スリットの増設・その2

幸いオユ10のキットはもうひとつ所有していますので、そちらの床下パーツを拝借することもできますが・・・
それとも穴を開けた床板を修正してみようかしらん。
なんだかそれも面白そうですねぇ・・・

拍手[0回]

【2017/04/28 20:16 】
CATEGORY [ 鉄道模型(工作) ] COMMENT [ 1 ] 
pagetop ∴
もはやどこまで進捗しているのかさえわからない。模型工作のコーナーです(笑)
もう何年もずっと作り続けているオユ10の続きでございます(サグラダファミリアじゃないんだから・・・)。
ボディの方はほぼ出来上がっており、あとは屋上機器と窓を入れるくらいです(まぁ塗装もまだですが)。
その後は室内灯を組み入れるべく、床板をあれこれと弄っている最中でした。

集電板の入ったKATOの台車を流用するので、その集電版にあわせたスリットを床板に開ける作業が次のフェーズになります。

床板の拡張工事・その1

スリットを開けるとその分強度が落ちそうでしたので、補強のため床板の狭まっている部分にプラ板を張り付けました。

床板の拡張工事・その2

削って各面がツライチになる様に調整・・・。
ちなみにプラ同士の接着でしたので、瞬着ではなくプラ用接着剤を使用しています。

集電板用スリットの増設・その1

台車集電版の上部の突起部分が通るスリットを開けます。
最初に0.8mm径のドリルで穴を開け、次に1.0mm径のドリルで穴を拡張します。

集電板用スリットの増設・その2

最後はキリ状のダイヤモンドヤスリを駆使して、ひたすら整形・・・
がんばっても不格好になってしまいますね。
台車をつければほぼ見えなくなりますので、機能さえすればOKなんですが・・・。

と、ここまでやってから、台車をあてがってみたところ驚愕の事実が・・・
なんと台車集電版の上部突起部分が実に短い。
床上に突き出るか出ないか(いや、ちょっとだけ出てるけど)の状態になってしまいます。
ショックのあまり写真を撮ってません(笑)

これはちょっと頭で考えていたのとは違う状態ですので、少々の軌道修正が必要なようです。
さて、どうしたものか・・・

拍手[0回]

【2017/04/27 15:50 】
CATEGORY [ 鉄道模型(工作) ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
長らく工作をサボっている内に、せっかく取り付けたパーツを引っかけて破損させるという事態が発生しておりました。
パーツ取り付け穴の開口場所が車体裾ギリギリと言うこともあって、破損箇所(元のパーツの取り付け足が埋まったままになっている)のすぐそばに再度穴を開けるのが難しそうで、なかなか手を動かせなかったのですが、いつまでもそのままにはしておけないのでとうとう重い腰をあげたわけです(笑)

オユ10・前位側妻面(補修中)

↑オユ10の前位側(郵便室側)の妻面です。
テールライトの下側、車体裾ギリギリには標識灯掛けを別パーツにて表現していたのですが、写真向かって左側のパーツを引っかけて根元からポッキリとやってしまいました。
元々の取り付け位置が左右どちらとも随分と横にずれていたので、残っていた右側のパーツもネジ切って、何とか取り付け穴を開け直しました。
・・・それでもやはり本来の場所よりはどちらも内側にズレてしまっていますネ・・・

まあ、写真を撮ってアップで見ると確かにズレているんですが、肉眼で見る限りはいい位置に見えるので、ここはもうこれで良しとします。

オユ10・後位側妻面

↑ちなみにこちらは無事だった後位側の妻面の様子。
こちらは標識灯掛けの位置が奇跡的にピッタリだったので、引っかけたのがこちらでなくて不幸中の幸いでした。

しかし、こっちの面も各種パーツがあちこちにゆがんで取り付けられてますねぇ・・・
これも肉眼ではさっぱりわからないんですが。

カワマタ「DC・PCパーツ1」

↑取り付けるパーツはカワマタさんのパーツです。

カワマタ「DC・PCパーツ1」(アップ)

↑アップで見たところ。
デバイダーの先端で指し示しているパーツが標識灯掛けです。
こんなに小さいのにさらにL字形に折り曲げて使います。

カワマタ「DC・PCパーツ1」(説明書)

↑そのパーツの使用方法。
ボディ側の加工も必要なのですが、一番最初の写真の通り、こんなに綺麗には加工できません(笑)

オユ10・前位側妻面(補修後)

↑拡大鏡やら何やらを総動員してなんとか補修完了です。
一番最初の写真でお気づきだったかもしれませんが、銘板まで誤って外れてしまってたので、こちらも再度付け直ししました。

・・・しかし、ホントにアップで見るとヒドイなぁ・・・。
これでようやく次へ進める・・・かな?

拍手[1回]

【2015/10/26 01:28 】
CATEGORY [ 鉄道模型(工作) ] COMMENT [ 1 ] 
pagetop ∴
ボディの接着剤はみ出し部分の修正もとりあえず完了。
ひとまずはボディ側の工作は休止です。

続いて行うのは、一番の悩みのタネ、室内灯点灯化工事です。
元々が室内灯の点灯化を考慮していないキットですので、前回のマニ36同様に自力で室内灯の組み込みを行う必要があります。
その辺をクリアした上でないと、床板パーツとボディパーツのはめ込み作業、およびその調整には移れません。

で、早速問題が発生。

破損したTR50台車

GMのTR50台車を集電仕様に改造したものなのですが、赤丸部分が何かおかしいです(汗)
ブレーキが消えていますね(泣)
引っ掛けてしまったのか、折れて欠損しております(折れたブレーキ部分が机の上に落ちていたのを先に発見して、欠損に気づいた次第・・・)。
GMの台車のストックは相応にありますので、それを持ってくれば事足りるのですが、何せ集電化工事に結構時間を費やしたので、同じことをもう一度やり直すと考えただけでモチベーションが下がりまくりです。

台車交換:GM→KATOへ

で、横着してKATO製の台車に交換することにしました。
Assyパーツのスロ62「能登」台車TR50(品番5064-1D)です(写真の右)。
KATO製の台車であれば(モノにもよりますが)、最初から集電化されてますので、作業に費やす手間もグンと減ります。

ただし床上に配置する集電板との接点がバネではありませんので、自作するものでどこまで効率よく集電(と言うか通電)できるかがキモとなって来るのですが・・・

集電板用スリット開けのガイド

まずは、床板にこの台車から突き出た接点部分が通るスリットを開口しなくてはなりません。
上の写真は薄いプラシートに半径6mmの円をケガいたものです。
台車集電板の上部の突き出し部分が、台車の首振りとともに描く軌跡です(実際は円にはならなくて「( )」ですが・・・)。
これを床板の所定の位置にはめて、スリットを開ける位置をケガくためのガイドにします。

ガイド部品を装着

こんな感じです・・・

円の外周に沿って穴をいくつか開けて、スリットを作るのですが、ご覧の通り枕木方向の両端部分は床板の側面の端にかなり近く、強度の面で大問題になりそうです。
GMのオユ10の床板は前後両端部分の幅が写真のように少し狭くなっているので、その形状が災いしているようです。

プラ板などを使用して、幅の広い部分とツライチになるように加工することで床板の強度を確保するのが一番なんですが、そうなると今度はボディ内側を削らなければ床板がはまりません(この部分は客扉がある関係上、ボディ内側が一段狭くなっているのです)。
これは考えどころですねぇ・・・。

あ、でもボルスタ部分のレール方向にはスリットは開けませんので、意外と大丈夫かもしれませんね。
開けてから考える・・・ と言う恐ろしいスタンスで様子を見るのが最善策なのかもしれません(笑)。

こうなってくると、開口部を細く開ければ良いKATO台車の方のが利がありますね。
GM台車改造品の場合は集電バネの太さのスリットを開けねばなりませんので、もっと強度が落ちるはずですから・・・。

拍手[0回]

【2015/04/08 15:50 】
CATEGORY [ 鉄道模型(工作) ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
ずいぶんと更新を滞らせてしまいました。
色々と入線報告したかった車両もあったのですが、写真撮影を面倒がっている内に時期を逸しました(笑)
で、何事もなかったかの様に工作記事の続きをば・・・

いや、ほとんど進捗はしてないんですけどね。

箱組み直前

手すり・踏板・標識灯掛けなどのパーツを取り付け終わった状態。
側板が黒く滲んだ様に汚くなってる部分は、再調整で表面をペーパーでならした跡です。
上の側板は、しばらく放置している間にど真ん中に縦一本のひび割れが発生。
落としたり、何かが上に乗っかってたりした時期があったので、それらが原因だと思われます。
流し込みタイプの接着剤で補修してからペーパーで表面をならしました。

箱組み・その1

箱組み・その2

板状のままで放っておくと破損の元になると考えて、一気に箱組みまで作業を進めました。
これでようやく「らしく」なって来ましたネ。
接着剤のはみ出しがいくつかあるので、またまた調整が必要です・・・。

拍手[0回]

【2015/04/06 01:53 】
CATEGORY [ 鉄道模型(工作) ] COMMENT [ 1 ] 
pagetop ∴
更新が滞っておりご迷惑をお掛けしております(^^;

土日は毎年足を運んでいるJNMAフェスティバルの開催日でしたが、今回は見送りました。
目当てにしていたメーカーさんがまたひとつ出展されていなかったのと、個人的な用事なども重なっておりましたので・・・

その分工作に励もう!
と気張っていたのですが、なんだか日頃の疲れが溜まっているのか、二日間ともかなりの時間うとうとと居眠りをしてすごしてしまいました(泣)
空いた時間でテレビを見ながらご飯を食べてたようなもので、「妖怪くっちゃね」ここに極まれリ!ってカンジですね。

でも、一応ちょっとは工作してましたので(笑)、オユ10の続きをば・・・

取っ手パーツ取り付け中

ほい。前回とほとんど変わらない様に見える側板です。
と言うか、そろそろいいかげん箱組みしたいんですが、こまごまとした調整を続けていていまだにそこまで工作が進んでいません。

一応各扉やデッキなどに取っ手と手すりを植え込んでいる最中です。

この工作はマニ36の時にもさんざんやったので、楽勝ー!
とか思っていたのですが、さにあらず。
もうパーツが次から次へと別次元の彼方に飛んでいく飛んでいく(笑)
たった2箇所にしか使わないはずのパーツが在庫切れになる寸前でした。

カンを取り戻すのに結構時間と予備パーツを使ってしまいましたよ。

荷物室扉の取っ手

このテのパーツは、取り付け穴にパーツの足を通して、裏側から瞬着で固めるのですが、瞬着を滴下している内にいつの間にかパーツの向きやはまり込み具合が変わってしまっていて、リカバリで苦労することが多いです。
なので、取り付け位置が決まったら、表側からテープなどで仮留めしてから接着するのが通常のやり方です。

ところが今回、取り付け穴の隙間から表側へ漏れ出た瞬着が、テープに沿ってボディ表面で固着する・・・という事故が発生。
なんとかリカバリしましたが、この危険性を回避する策はないものかと思案した結果、新たな工法を編み出しました!(と言うか、もうすでに誰かがやってますよね?)

何のことはない、仮留めを木工用ボンドで行う・・・と言うものです。
仮留めと言っても、本格的に接着する要領で、取り付け足に木工用ボンドを付けて取り付け穴に差し込み、位置を補正して乾くのを待つ・・・と言う方法です。
ボンドがやや固まってきたら、裏側から瞬着で本留めします。
木工用ボンドが穴を塞いでますので、瞬着がそこから表に染み出す危険がかなり低くなります。
あとは表側にはみ出た木工用ボンドをピンセットなどで剥がして完成。

まぁ乾いた木工用ボンドを剥がす際にボディを傷つける可能性もありますので注意は必要ですが、意外とこの方法だとうまく行きます。
(ちなみに当然紙や木を材料としたボディやパーツには不可です。プラ素材や金属素材に有効な方法です。)

まさに紙一重の隙間(笑)

こちらは帯状の紙を使って手すりの隙間を作っている図です。
まあこうして手すりを接着することで、隙間ができる・・・と、それだけのことですね。
間違って紙まで接着してしまわない様にここでも注意が必要です。

銘板パーツの取り付け

で、この爪楊枝の先に付いているとっても小っちゃいパーツは「楕円銘板」です。
このパーツもただ瞬着で妻面裾に貼り付けるだけなのですが、小さすぎてピンセットで保持した状態では貼り付けることはとても困難です。
なのでここでも木工用ボンドを使用します。

爪楊枝の先にちょっとだけ木工用ボンドを付けて、パーツの表側にタッチした状態がこの写真の状況です。
写真では妻面への接着面がこちらを向いています。

ボンドが少し固まってきたら、パーツの裏面(写真のこちらの面)にゼリー状の瞬着をほんの少し付けて、爪楊枝で保持したまま妻面へ接着します。
爪楊枝は左右へ転がして木工用ボンドを外します。
この際に少しだけパーツの位置がずれることがありますが、ゼリー状なので、ちょっとの間はリカバリが効きます。

銘板パーツ取り付け後の妻面

銘板パーツ取り付け後の状態です。
すみません、結構きちゃないです(泣)
このパーツは小さすぎて、切り出し時のバリをヤスって均す作業が存外に難しいです。
一応バリは取ったはずなんですが、こうして写真で見るとまったく取れてませんね(汗)
でも大体は目論見通り事が運んだので、良しとします。

ちなみにオユ10は郵政省が所有していた車輌なので、銘板も「郵政省」と記されたものが取り付けられていました。
貫通扉に窓のない側の妻面はこの「郵政省」の銘板のみ。
反対側の妻面の上にある方が「郵政省」の銘板。下にある方は施工元の銘板です。
場合によっては施工元の銘板の左にも銘板が付くことも多々あるのですが、今回は割愛しました(笑)

KitcheN:楕円銘板

使用した銘板パーツはキッチンさんの「楕円銘板」です。
説明書にある通り、小さすぎるパーツなので、銘板の文字はほとんど読めません。
今回もそれっぽいものをセレクトしました。

手すりや取っ手はカワマタさんとタヴァサさんのパーツを使用しています。

妻面はまだまだいっぱいパーツを植え込まなくてはならないので、少々気が重いです(笑)
はやく箱組みしたい・・・

拍手[0回]

【2014/07/07 14:22 】
CATEGORY [ 鉄道模型(工作) ] COMMENT [ 1 ] 
pagetop ∴
| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]