忍者ブログ

僕の家の近所には結構マニアックな品揃えの模型屋さんが2店ほどあります。
しかし、そのいずれも鉄道模型は置いておらず、プラモやフィギュアなどが中心の品揃えでした。

しかし昨日、その内の片方を何気なしに覗いてみると、なんとNゲージのショウケースがいくつもあるじゃありませんか!

どうやら9/7から鉄道模型の取り扱いも始めたらしいのです。

新規オープンの専門店であれば、すでに市場から姿を消してしまった商品が平然とストックされている・・・なんて事もままあるのですが、なにせすでに模型店として商いをしている所に新たに鉄道模型の取り扱いを始めた・・・と言うだけのことなので大して期待せずにショウケースを覗き込むと・・・

!!!!!
なんとKATOの蒸気機関車「9600形」が並んでいるじゃあありませんか!?
すぐ下にはTOMIXのこれまた同じ「9600形」が・・・

どちらも僕のN熱が再燃する前に発売され、すでに市場から姿を消してしまっていた蒸気ですよ・・・。

「どうしよう・・・どうしよう・・・」
激しい動揺、どんどん大きくなる心拍音。
しばらく3つあるショウケースの間をくるくると行ったり来たりしていた僕はとうとう店員に声をかけてしまいました。

はい。
KATOのキューロクを無事に保護致しました。
ついでに同じKATOのセキ3000(2輌セット)も在庫分(=2セット)購入してしまいました(これでKATOのセキ3000は合計14輌になりました。目指せ20輌!)。
恐ろしい衝動買いです・・・(笑)

KATO:9600

ここで有頂天になっていた僕の気分を一気に萎えさせる事件が発生!

写真を見てもらえばわかる人にはわかると思います・・・。
そう、汽笛が付いてません。
欠品ではありません。
部品取り付けの際に破損させた上にトバしてしまい行方不明になってしまったのでした。
「意気消沈」と言うコトバの意味を身をもって思い知らされた次第です(泣)

Assyパーツでも今のところは販売してませんし・・・
再販時のパーツ分売を待ちつつ、自作でなんとかできないか検討してみましょう・・・。
ちょっとがっくり、でも自作のセンで再び燃え上がる僕なのでした。

拍手[2回]

PR
【2007/09/10 20:00 】
CATEGORY [ 鉄道模型(車輌) ] COMMENT [ 0 ] TRACKBACK [ 0 ]
pagetop ∴
<<失敗もあります。 | HOME | KATO:ナハ10形 特急「かもめ」後期編成・その2>>
コメント
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]