忍者ブログ

昨年末に仙台へ帰省した際に持ち帰ってきた古い鉄道写真のネガフィルム・・・
すでに変色が激しくてスキャンしても赤茶けた色の写真ばかり。
フォトショップを使ってカラーバランスや明るさ・コントラストを調整してなんとか見られる写真となるように復活作業中です。

撮影に使用したカメラは前回同様オリンパスPEN・EE-2。
望遠レンズ無し、ストロボ・フラッシュ一切無し。
ついでに言うとカメラのウデも無しのないないづくしです(笑)

今回の写真は1981年か82年頃のものだったと記憶しています。
撮影場所は当時の仙台駅構内。




<追記>
下の写真の「あけぼの」の客車が20系であるということを考えると、撮影時期は1980年10月以前ということになります。
・・・と言うことに最近気づいたので上記文を修正して追記しておきます。
鉄道写真を撮りに行っていた時期を考えると、まさに20系あけぼのの最終時期であったと思われます。




事故で迂回中の「あけぼの」が仙台駅を通りますよ。

なんとED75+20系客車の「あけぼの」です。
この列車は上野から福島まで東北本線を北上した後、奥羽本線へ入って山形・秋田・青森へと抜けるブルートレインです。
この日は偶然奥羽本線での事故による迂回運転を行っており、青森から上野まで全て東北本線で上って行く途中だったのだそうです。
とってもラッキー。
でも列車名がはっきりわかる最後尾の写真を撮ってみたら、見事な逆光。
なんだかガッカリでした。

「やまびこ」と言えば昔はコレでした。

485系L特急「やまびこ」です。
上野-盛岡間を結んでいました。
その名は東北新幹線の「やまびこ」へと引き継がれましたね。
仙台では他に上野-仙台間を走る「ひばり」や上野-青森間を走る「はつかり」もよく見受けられました。
「ひばり」や「はつかり」は寝台用の車輌「583系」を使用した編成もありました。

キハ20?いえいえキハ52でした。

長年コレは「キハ20」だとばかり思っておりました。
しかし車体側面中央部に並んだ窓の数が6枚であることから、2エンジン搭載によってキハ20よりも車体長が長くなった「キハ52」であることについ最近気づきました(笑)
キハ20の同所の窓は5枚なんですよね。
ホームの向こう側にはED75が見えてます。

拍手[0回]

PR
【2006/07/09 01:55 】
CATEGORY [ 鉄道全般 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
<<好みの車輌 | HOME | 日曜日に購入>>
コメント
コメント投稿














FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]