忍者ブログ

1週間以上も前に我が鉄道へ入線したKATOさんのDF50(茶)とEF13、それに「スハ32系 中央本線普通列車 7両セット」ですが、レビューも書かないまま時がどんどん過ぎてゆきます(笑)
ユーザー取り付けのパーツ等を早々に付けてしまう予定だったのですが、DF50のメタルインレタを前に手がストップしたままでした。
(ああ、そういえば年末に入線した「C59戦後形・呉線」と「10系寝台急行・安芸」のレビューもしないままでしたヨ・・・)

昨日ようやく手を加えたので、お粗末な内容ですが、なんとも久しぶりのブログ更新と相成りました。

KATO:DF50(茶) & EF13

機関車たちはどちらもふたつずつ購入してしまいました。
EF13は説明書にも書かれていますが、12号機以外の車番はバリエーションとして収録されているとのこと。
まぁフィルター形状やら何やら、ほぼ1両ごとに仕様が異なっていた形式の様ですので、そういうことになるのでしょうね。
ウチのはその「12号機」のほかは「4号機」としました。
もちろん車体形状はいたるところが異なるのでしょうけど、実車に詳しくないので、そこはとりあえず目をつぶるということで・・・

DF50は取り付けパーツが細かい上に数も多く、ナンバーに至っては前述の通りメタルインレタ仕様ですので、とにかく細心の注意が必要でした。
夕食前に2時間、夕食後に2時間の合計4時間もかけて、1両分しか仕上がりませんでした(汗)
目の性能も著しく低下してますので、そんなものなのでしょう(^^;

ところで、このDF50の部品取り付けの説明書を見ると、信号炎管から始まってそれぞれの部品に番号がふられて説明されているのですが、手すりパーツのランナーには説明書とは全く異なる番号がランナーに刻印されています。

DF50の付属パーツ

上の写真はその部品。
ランナー刻印の部品番号は写真の通り1・2・3となっていますが、説明書の部品通し番号(?)だと写真の「1」が「3」に、「2」が「4」になっています。
まぁ見れば判ることなので、普通は大丈夫ですが、途中で別の機関車の部品が間違って入っているのかと思っちゃいました。
この辺の番号は説明書と実際の部品では統一しておいて欲しいですね(笑)

パーツ取り付け中

今回は、信号炎管→ホイッスル→前面のメタルインレタ→側面のメタルインレタ→手すりパーツ→製造元の社名版の順で取り付けていきました。
上の写真は手すりを取り付けている最中のもの。
夕食で中断する直前の状態です。

取り付け完了・その1

取り付け完了・その2

手すりパーツはなぜかところどころユルユルで、すぐに抜けてしまうものがあったので、木工用ボンドで固定しました。
或る程度ボンドが乾燥した後に、ピンセットではみ出たボンドを剥がしています。
この作業が存外に細かくて、頭に被るタイプのルーペを駆使してできるだけボディを傷つけないように取り除きました。
総作業時間の大部分が、この作業だった様に思います・・・(あとテレビを見ながら・・・ってのも時間がかかった要因のひとつですが)

あれ?
結局「中央本線普通列車セット」は弄ることができませんでしたね(笑)
それともう一両のDF50の車番は、インレタのつぎはぎが必要なので、もっと時間がかかりそうです。

拍手[2回]

PR
【2016/03/14 10:58 】
CATEGORY [ 鉄道模型(車輌) ] COMMENT [ 1 ] 
pagetop ∴
毎年、年末の恒例行事と化しているのが、大晦日に仙台駅で(ほんのチョッピリ)鉄道写真を撮影してくることです。
昨年末も20~30分だけ、時間を作って撮影してきました。

HB-E210系(2015年12月31日)

▲HB-E210系。1年前には走っていなかった新顔です。
昨春あたりからデビューした車両ですが、まだ物珍しいのか、カメラを向ける人が結構いますね。

701系(2015年12月31日)

▲701系。まだまだ現役ですね。撮り続けますよ(笑)。

E721系0番台(2015年12月31日)

▲E721系0番台。仙台近郊の主力車両です。ちなみに「愛子」と書いて「あやし」と読みます。

719系(2015年12月31日)

▲719系。こちらもまだまだ現役ですね。もちろん撮り続けますよ。

E721系500番台(2015年12月31日)

▲E721系500番台。仙台空港アクセス線への乗り入れ車両です。

毎年、夏と冬に飽きもせず撮影してますが、これはこれで撮り続ければ立派な資料になるのでは?とか勝手に思っています。
まだデジイチを持つ以前には、仙台駅へ午前9時台に撮影に行くと、651系「スーパーひたち」がほぼ毎回撮影できたものでした。
この列車はご存知の通り、震災以降の常磐線の一部区間の運転見合わせの影響で、今では仙台駅では見ることができなくなっています(その後使用車両もE657系に変更されたり、名称が変更されたりと、かなりの変遷を辿っていますが)。

この部分を切り出してみても、同じ時期、同じ場所で撮影を続けていると、微妙な変化から大きな変化まで、様々なことに気づかされるわけですね。

拍手[0回]

【2016/01/28 13:00 】
CATEGORY [ 鉄道全般 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
今年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年末は年賀状書き(描き)に時間をとられて、1年の締めのような更新もできずに終わってしまいました。
毎年言ってることですが、今年はもっと更新を増やしたいものですね(笑)

KATOさんのC59と急行「安芸」のセットも御多分にもれず購入・入線しているんですが、まだほとんど弄っていません。
Uターンしたら(あ、言い忘れましたが、今現在は実家仙台へ帰省中です)まずはそれら年末に入線した車両たちを弄ることから始めたいと思います。

2016年年賀用写真

この写真は昨日、2015年の大晦日に仙台駅で撮影してきたものです。
他にも撮影してきた写真がありますので、それらもUターンしたらUPしたいと思います。

それでは、まずは新年のご挨拶まで・・・

拍手[0回]

【2016/01/01 16:29 】
CATEGORY [ 鉄道全般 ] COMMENT [ 1 ] 
pagetop ∴
先週末、毎年恒例行事となっている高尾山登山に出掛けてきました。
紅葉シーズンを若干過ぎた頃合だったので、早朝の高尾山は比較的空いていて、ケーブルカーにも余裕で乗車できました(昨年は大混雑で乗りませんでした)。

と言うわけで、久しぶりにケーブルカー関連の写真を何枚か撮影してきましたので公開しておきます。
「乗り鉄・撮り鉄の旅」と言うほどの撮影はしてませんが・・・

清滝駅
↑ふもとの「清滝駅」。
建物には山自体の名前が掲げられていますので勘違いし易いですが、実は山を登った上の駅が「高尾山駅」で、このふもとの駅は「清滝駅」と言う名称です。

標高201メートル
↑ホームに掲げられている駅名標。
この時点で標高201メートルなのだそうです・・・。
高尾山の標高は599メートルなので、京王「高尾山口駅」から徒歩でちょこっと歩いただけで、すでに3分の1は登ったことに・・・(?)
いや、たぶん高尾山口駅のあたりもすでに標高100何十メートルは超えているんでしょうね。

途中の紅葉
↑ピークは過ぎた・・・とは言っても、ケーブルカーの車窓からはこんな紅葉も堪能できました。

途中の作業用モノレール軌道
↑こちらはケーブルカーと並走している作業用モノレールの軌道です。
途中でヘルメットに作業着姿のおじ様方数名を乗せた作業用モノレールを追い越したのですが、気づいたときにはもうあっと言う間に抜き去っていて、撮影することができませんでした。 残念。
・・・日本一と言われる勾配区間では脇へそれて行ってしまいましたが、それでも結構な急斜面にへばりついている軌道でしたヨ。

標高472メートル
↑終点「高尾山駅」の駅名標。
なんともう472メートルを消化してます。
残り127メートルを踏破すれば頂上と言うことになります。

高尾山駅
↑高尾山駅の駅舎に掲げられた駅名板。
雰囲気がありますねぇ。

展望台から見下ろしたケーブルカー
↑高尾山駅を出た所から昇りの階段があるのですが、その途中に展望台があります。
そこから見下ろしてケーブルカーを撮影するのが毎年の決まりごととなっています(笑)
今回は空気が澄んでいて、よく撮れました。

軌道とケーブル
↑こちらは下山後に撮影した軌道部分のアップです。
何年か前にも撮影したのですが、改めて・・・

台車近影
↑こちらも何年か前に撮影しましたが、ケーブルカーの台車部分のアップです。
どうしても暗く写ってしまうので、よく見える様にフォトショップで明るく補正しました。

「あおば」号
↑ふもとの「清滝駅」を出発する「あおば号」。
この日は、下山してみたらいつの間にか登山客も増えていて、通常は15分間隔で運転しているケーブルカーも7分間隔でフル稼働しておりました。

どうも登山(いや下山かな)疲れで、写真撮影の気力も衰えるのか、まったくもって写真が少ないですね。
もっと車両の写真をたくさん撮っておくべきでした(笑)

拍手[1回]

【2015/12/09 15:44 】
CATEGORY [ 乗り鉄・撮り鉄の旅 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
長らく工作をサボっている内に、せっかく取り付けたパーツを引っかけて破損させるという事態が発生しておりました。
パーツ取り付け穴の開口場所が車体裾ギリギリと言うこともあって、破損箇所(元のパーツの取り付け足が埋まったままになっている)のすぐそばに再度穴を開けるのが難しそうで、なかなか手を動かせなかったのですが、いつまでもそのままにはしておけないのでとうとう重い腰をあげたわけです(笑)

オユ10・前位側妻面(補修中)

↑オユ10の前位側(郵便室側)の妻面です。
テールライトの下側、車体裾ギリギリには標識灯掛けを別パーツにて表現していたのですが、写真向かって左側のパーツを引っかけて根元からポッキリとやってしまいました。
元々の取り付け位置が左右どちらとも随分と横にずれていたので、残っていた右側のパーツもネジ切って、何とか取り付け穴を開け直しました。
・・・それでもやはり本来の場所よりはどちらも内側にズレてしまっていますネ・・・

まあ、写真を撮ってアップで見ると確かにズレているんですが、肉眼で見る限りはいい位置に見えるので、ここはもうこれで良しとします。

オユ10・後位側妻面

↑ちなみにこちらは無事だった後位側の妻面の様子。
こちらは標識灯掛けの位置が奇跡的にピッタリだったので、引っかけたのがこちらでなくて不幸中の幸いでした。

しかし、こっちの面も各種パーツがあちこちにゆがんで取り付けられてますねぇ・・・
これも肉眼ではさっぱりわからないんですが。

カワマタ「DC・PCパーツ1」

↑取り付けるパーツはカワマタさんのパーツです。

カワマタ「DC・PCパーツ1」(アップ)

↑アップで見たところ。
デバイダーの先端で指し示しているパーツが標識灯掛けです。
こんなに小さいのにさらにL字形に折り曲げて使います。

カワマタ「DC・PCパーツ1」(説明書)

↑そのパーツの使用方法。
ボディ側の加工も必要なのですが、一番最初の写真の通り、こんなに綺麗には加工できません(笑)

オユ10・前位側妻面(補修後)

↑拡大鏡やら何やらを総動員してなんとか補修完了です。
一番最初の写真でお気づきだったかもしれませんが、銘板まで誤って外れてしまってたので、こちらも再度付け直ししました。

・・・しかし、ホントにアップで見るとヒドイなぁ・・・。
これでようやく次へ進める・・・かな?

拍手[1回]

【2015/10/26 01:28 】
CATEGORY [ 鉄道模型(工作) ] COMMENT [ 1 ] 
pagetop ∴
さて。
今回は会場で撮影してきた動画集をお送りいたします。
そんなにたいした動画ではありませんが、少しでも会場の雰囲気を楽しんで頂ければ幸いです。

全部繋げて長時間の動画にすることも可能なのですが、たぶん見るのがツラくなると思いますので、4分~6分程度の動画に編集して、4本にまとめ上げました。
気楽にご覧ください。


↑その1


↑その2


↑その3


↑その4

いつもの事ながら、撮影できていない作品も多々あるかと思います。
被写体が突然ピンボケになるなど、お見苦しい点もてんこ盛りですが、笑ってお許しくださいませ。

拍手[1回]

【2015/10/07 23:29 】
CATEGORY [ ナローの鉄路 ] COMMENT [ 1 ] 
pagetop ∴
レポート(と言うほどのものではありませんが)の2回目です。

第11回軽便鉄道模型祭・その56
↑雨降りの情景です。 ・・・これはスゴイ。のちほどまた出てきます。

やはり写真がかなり多いので記事を折りたたんでいます。
右下の「more」、またはこの記事のタイトルをクリックして続きをどうぞ。



拍手[2回]

【2015/10/06 16:43 】
CATEGORY [ ナローの鉄路 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]