忍者ブログ

週末は出かけていたので工作はお休みでした。
なので前回から今日まで、平日の晩にチマチマと行った工作を記事にしてしまいましょう。

まぁ相変わらず平日は仕事が忙しいのであまりたいした作業はできないのですが・・・

まずは前回の塗装で車体内側にほんの少し入ってしまったぶどう色2号を筆塗りで修正しました。
当然室内色(伊豆急ペールブルーですよ)。

続いてすでに塗装済みの屋根上部品を取り付けました。
ベンチレーターは銀河モデル、屋上ステップはレボリューションファクトリー、手すりはタヴァサホビーハウスのパーツです。

屋根まわり&色差し完了・その1

屋根まわり&色差し完了・その2

写真ではわかりづらいかもしれませんが、荷物室側のデッキ扉と両妻面の貫通扉のHゴムに色差しも行いました。
プラキットのためかなり断面が肉厚なので、窓の内側へはタミヤのエナメル系塗料の「フラットブラック(XF-1)」を最初に塗って厚みを目立たなくさせました(保護棒を入れたらあまり意味がないかもしれませんが・・・)。

Hゴム部分は同じくタミヤの水性アクリル塗料「ダークシーグレイ(XF-54)」をカラス口を使って表現しています。

カラス口・・・前回の工作(初のキット組み立て=マニ44)で大失敗をしたのですが、今回はうまく使えました(笑)

幌は仮に取り付けていますが、幌吊り金具が真鍮線むき出しになっていますね。
実は前回までに用意しておいた自作パーツが失敗作だったため、仕切りなおしをしているのです。
やはりマスキングテープを使用したモールド表現がダメダメで、みっともないほどズングリした印象の上、すぐに外れてしまうと言う欠点が露呈してしまったので・・・(笑)

このあたりについては次回の記事で・・・

拍手[0回]

PR
【2008/05/20 21:30 】
CATEGORY [ 鉄道模型(工作) ] COMMENT [ 0 ] TRACKBACK [ 0 ]
pagetop ∴
<<荷物車の製作・その40 | HOME | 荷物車の製作・その38>>
コメント
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]